ファイナルファンタジーX:すてきだね。できないけど、できる

(Taken from a blog entry I wrote for our class blog. The captions won’t save so I just put it in as regular text underneath the pictures, with some formatting.)

ユウナとティーダ:いい終わり

  一回に時代、誰か来た。あの人は固有に則らないけど、至難の業ができる。

できないけど、また試みる。敗れるけど、またやる。終わらないけど、終わられる。

 

ファイナルファンタジーXはファイナルファンタジーの十番の一回分です。この話は二部分があります。まず、ファイナルファンタジーX。ティーダ (Tidus)はザナルカンドのBlitzballの一番一軍でした。Sinの討ってから、Tidus はスピラという世界に着きました。Tidus は スピラの最新Summonerユウナ( Yuna) とYunaの友達と知り合いました。慌てて、喪家の狗で、同伴しました。 和のため、Yuna はSinを壊さなければなりません。共々、その企業に参加しました。旅しながら、あの二人の関係は発展しました。しかし、さまざまな多難があるので、よく準備しなければなりません。成り行きを発展した、あの二人は離れるけど、Yuna はスピラをもう指導しました。ここは第二話の始めでした。

ファイナルファンタジーXの簿面はMedievalみたい世界スピラでした。この世界はSinの生成するから、葛藤が沸き起こりました。ですから、この時代のSummoner がSinを討たなければなりません。その時、また和があります。

ファイナルファンタジーX は Square Enix の生産でした。このゲームはCGIを使いました。日本で6月の2001年に発売してから、ほめるのがたくさんあって、賞賛も受け取りました。筋立てはすばらしいと言っていました。RPGというゲームでした。ファイナルファンタジーシリスの中で、一番一回分は世界地図がないけど、ファンによると、「依然本当にファンタジーだよ」そうでした。スピラについて、ちょっと陰気だと思いますが。始めは、すべてはすてきで、いい所けど、本当は隠れる悲劇があります。そして、挿入歌もすてき。

この話は固有に則るのについてと思います。この人は存在はずがないのに、改めるました。なんか。。。この話に命が映し出されます。時々海運が起こるため、固有が則らないことをしなければなりません。この話に、皆Sinの繰り返しは終わらないと思うけど、終わりました。固有に則らない人のおかげで。

「最後がかもしれないだろう。だから、全部話してを聞いたいんっだ。」

「最後がかもしれないだろう。だから、全部話してを聞いたいんっだ。」

Blog and Plug

I have a legitimate excuse to take a break from studying that massive pile of school texts that’s teetering and threatening to bury me underneath its bulk.

Our Japanese class’s blog is now official functional! And it’s on the same site! There you’ll see weekly posts from members of our class about anything under the sun. (Though I have a hunch that most of the posts there will be connected to Japan in one way or another. Well, it is a Japanese class.)

So far, the only things posted there are the welcome message and our self-introductions with our pictures. Give it time. Some of us have expressed their intentions to post when they aren’t too busy trying not to get swallowed up by schoolwork. Soon it’ll be filled with everything from trivia, events, to pure randomness.

It’s purely in Japanese though. Most of the thoughts survive Google Chrome’s translations so if you can withstand the atrocious grammar and lack of coherence of the translations, it should be fine if you want to read it. I anticipate no lack of pictures from us, so that may make up for it as well.

Join the madness here!

With my advertising campaign done, I now return to the nest I had made of my readings and school texts. See ya guys if I return from the land of the half-dead!

A-Fangirling We Go~

Negotiations with Warner Bros. Japan has started.

I’m so happy I could drag a knife across my cheek to make an X mark probably last the whole night and not fall asleep in the middle of reviewing.

Something to look forward to at the end of this semester if we survive the pool of papers and video presentations we’re finding ourselves immersed trapped in. 😀

Showing in SM Cinemas hopefully

And since childhood memories keep playing in my head, let’s be nostalgic! Continue reading

Eargasm-Inducing Mid-Hell Week Post

I know it may seem like I’ve died, but I haven’t, really. Or at least not yet bloody exams. I haven’t written for the longest time, but I am now back to test the limits of your sanity. Don’t worry though; the past weeks have been relatively insane even for my standards. Just the usual hanging out with awesome classmates, papers, school, and reviewing like mad — a typical student’s menu.

I have to say though. I missed this yes I know, Im a sap and I abso-bloody-lutely miss this thing people call rest. The latter part of yesterday and today were our respite from days and weeks of papers, informant work, reports, haggardness, and stress. Tomorrow, people from our last class of the day have planned for us to go goof off at a nearby mall.

Things will pick up again next week though, as this semester is nearing its end. Deadlines, exams, papers, reports, even more exams and papers would be prowling the corners of incoming weeks. “Hell week” really does live up to its name. For those interested, I’ll hopefully be able to post the next set of chapters of the fanfics I’ve started posting here. I promise to post something interesting too. I think the tons of farewell parties might give me interesting material to write about. So until the, I’ll leave you with one of the things that keeps us from becoming part of the impending zombie apocalypse. I have to warn you: It’s kind of addictive, so make sure you have time to keep repeating the video to your hearts’ and ears’ content 😉

The Beginning [ONE OK ROCK]

Rurounin Kenshin Live Action OST

Just tell me why baby they might call me crazy 
For saying I’d fight until there is no more
愁いを含んだ選考眼光は感覚的衝動くらいね 
I can’t see the end so where do I begin 

Translation:
Just tell me why baby
They might call me crazy
For saying I’d fight until there is no more
The selecting glint in your eye that holds sadness is nearly a sense of urge, right?
Blinded, I can’t see the end
So where do I begin?

大一の作文:すればよかったです

私の子供の時の思い出は見たくないです。子供の時がないと思います。

実は、あまり思い出を覚えられないです。大きい空を見ます。でも姉、あやしくて、あたまがおかしい人って。いつも何かやるって - 本を読みながら、音楽をききながら、勉強しました。本当にいそがしい人って。

だから おさななじみ が ない です。

私は子供でも子供じゃないでした。あそびに行けばよかったです。たのしめばよかったです。いつぶつの子供になればよかったです。一人でみたくなければよかったです。でも、してしまいました。

あれはこれまでに。

今、時間がない。でも、今はくらべてうれしいですよ。クラスメートたちは教えるので、今回、本当にがんばるといいんですが。私は本当に lucky です。

どもありがとうございます、言語学の学生!